占い師になる方法

占い師になる為には、すぐれた霊感や直感力が必要なのでしょうか。
たしかに、そういう種類の占いもありますが、大部分は特別な能力がなくても占うことができます。
例えば、手相や四柱推命、姓名判断、星座、カバラ、タロットなど、他にも様々な種類があります。
もちろん、ある程度勉強は必要になってきますし、占いごとに違うそれぞれの仕組みや決まりごとを覚えるのは、すこし大変かもしれませんが、一度覚えてしまえば誰にでも占うことができるのです。
金銭的に余裕があればスクールに行く方法もありますし、独学で本を見ながら勉強する方法もあります。
特に、スクールでは実践的な営業方法について指導してくれるところもありますから、早く開業したい場合には独学よりも有利になるかもしれません。
また、占いの知識がある程度ついてきたら、「相手の話を聴く」スキルを高めることが、非常に重要になってきます。
相談に来る人は、論理的なアドバイスを求めている場合もありますが、やはり「自分の話を聴いてほしい、共感してほしい」という気持ちを一番に持っているはずです。
良い占い師になるためには、知識もさることながら「相手がどうしたら幸せになれるか」という事を考えた上での対話が出来るようになることが大切です。
それができるようになれば、自然と占い師として一人前になっているに違いありません